最低限、押さえておくべき情報をお届けします

食費の節約方法

食事代とチップ

日本での外食と違い、海外では食事代にもチップを払うことが殆どです。
必要経費とは思いますが、バカになりませんよね。
そこで、節約方法を考えました。
まずは、チップのかからないお店を積極的に利用するのが得策でしょう。
屋台などはチップがかからないので、お勧めです。
おなかの調子に自信がない場合は、やめておいた方が無難ですが。
その他には、スーパーなどで購入するのもありですね。
荷物にはなりますが、日本からインスタント食品を持参しても良いでしょう。
そして、海外での外食は量が多いことがあります。
食べきれなかった場合は、持ち帰り用の「ドギーバック」をお願いしてみましょう。
残り物ですが、1食分の節約になるかもしれません。

自炊で節約する

キッチンがあるに越したことはないですが、キッチンが無くても自炊に挑戦してみるのも良いでしょう。
お湯と電子レンジがあれば便利なので、これはチェックしておくことをお勧めします。
また食事をするときに必要な、スプーンやフォーク、タッパーを持ち歩くと便利です。
日本のように使い捨てのものを貰えないので。
タッパーはレンジで使えるものを選びましょう。

あとは、スーパーマーケットに行って、食材を購入。
レトルト食品やレンチンして食べられるもの、現地にしかないもの等々、選んで楽しんでください。
海外用の自炊レシピのサイトも多数ありますので、色々と参考にされるとレシピがぐんと広がり、「安く、美味しく」が実現できると思います。


この記事をシェアする