最低限、押さえておくべき情報をお届けします

現地での移動手段

乗り合いサービス

ヨーロッパなどでは普及している「乗り合いサービス」で目的地へ移動するという方法があります。
専用のサイトがありますので、そういうものを利用すると、大変便利です。
「出発地」「目的地」「日程」で乗せていってくれる人を募る方式になっています。
ガソリン代の割り勘以外はお金がかからないので、バスやタクシーより断然安く移動が可能になります。
但し、治安の悪い国ではお勧めできませんので、治安のいい国に限ります。
また、サイトは英語のみのため、ある程度の英語力はもちろん必要になります。
乗せていってくれる人とのコミュニケーションもあると思うので、乗り合いサービスを利用する方は、最初からある程度の英語力はあると思いますが、念のため。

電車、バス、タクシーなど

長距離の移動には電車やバスを利用し、短距離で急いでいる時などは、日本に比べるとお得感があるタクシーを利用するのが良いでしょう。
また、電車の中では座る場所に気を付けましょう。
例えば、ボックスシートの奥の席に座らない(通路を塞がれてしまう可能性がある)、人が少ない車両に乗らない等の注意が必要です。
もちろん、居眠りは厳禁です。
日本のように治安のいい国は残念ですが、少ないのです。
バスを利用する場合は、路線図と時刻表を入手しましょう。
観光案内所やバス会社のオフィスなどにあります。
乗車前に運賃を確認し、小銭の用意を忘れずに。
お釣りがでないこともあるので、ピッタリの金額を準備しましょう。
タクシーは少し怖い気もしますが、日本のアプリがそのまま使えるサイトを利用すると安心です。
日本語で現地の登録タクシーを呼べますし、ドライバーも紳士的です。


この記事をシェアする